上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウシュビッツ強制収容所を訪れました。


出来るだけ率直に感じたことを書きたいため、
人によっては不快に感じる表現が含まれている可能性があります。
予めご了承のうえ、お読みください。
(あまりに長くなってしまったため、
前編:見学編 と 後編: 感想編 の2つに分けました。)


アウシュビッツを訪れる前には、
自分なりに本やネットなどで勉強したつもりでした。


第二次世界大戦中にナチス・ドイツによって建設され、
「殺人工場」と化した強制収容所。


「人間がしたこととは思えない。」

これが、訪れる前の私の感想でした。


「ユダヤ人」という言葉は、日本で生まれ育った私にとっては、
別に特別な意味は持たないものでした。


でもヨーロッパを周遊していると、
ユダヤ人街やユダヤ人迫害の歴史資料館などを、
かなりの頻度で目にすることになります。


オランダの「アンネ・フランクの家」を訪れて涙しました。
ドイツのSS本部の跡地で恐怖政治の一端を垣間見ました。


しかしそのような場所を訪れた時、
「なんてむごいことを」と眉をひそめ、
残酷にも消されていってしまったユダヤ人の人々に思いを馳せる
ことはあっても、


「なぜそのような事が起きたのか」を真剣に考えることは
ありませんでした。


「戦争中には、
どんなむごいことも起こりうる」
という、
一般的な解釈に当てはめて理解しようとしていたからかも
しれません。


アウシュビッツを訪れて、
初めて「加害者側」について考えてみたように思います。




映画にもなった「シンドラーのリスト」のシンドラー氏、
リトアニアの外交官であり、
「命のビザ」を発給し続けた杉原千畝氏、
その他、私が知らないだけで、
自らの身を呈してでもユダヤ人を救おうとした
人々は、相当数存在したのでしょう。


彼らの行為が、人としてどれだけ立派なものであったか、
今でも、どれだけ多くの人に希望を与え続けているのかは、
ここで私が説明するまでもないでしょう。


私は彼らの行為を心から敬服すると同時に、
自分にはとてもそんなことは出来ない、
と認めざるを得ないのです。


きっと私だけではなく、大多数の人にとって、
命の危険を侵してまで他人を救う
(特にこの場合は、異民族とされた人々)
ことは、不可能なんじゃないのか。


だからこそ、今でも彼らは「英雄」と讃えられているんじゃ
ないでしょうか。


私にはとてもそんなことは出来そうにない。


そして私自身だけの話ではなく、
もし私の大事な家族や友人がユダヤ人を助けようとしたら、
私は必死になって止めたのではないか。


なぜなら私は、彼らに人として立派であることよりも、
ただ無事に生き延びてほしいと望んでしまうだろうからです。


それがたとえエゴの塊だと非難されたとしても、
自分や自分の近しい人たちの命と、
全く知らない、差別されて然るべきとされてしまった人たちの命。


私にとってこの2種類の命の重さは、天秤にかけるまでもなく、
前者のほうが大切であると、やはり思ってしまうのです。


「人の命は等しく尊いものである」という考えを、
私は支持したい。


しかし人の命は尊いものではあっても、
決して平等ではないのだということは、
アウシュビッツを訪れる前にも、
いくつかの途上国を訪れた際に感じていたことでした。


人の命は、平等ではない。


それは一般論だけではなく、私個人のなかでも、
自分の命と、自分に関係のない人たちの命。
この2つの命の重さを、はっきりと分けてしまっていることは事実なのです。


当時の一般的なドイツの人々がたとえこのような感情を
持っていたとしても、
それを無責任な第三者が非難するなんて、
果たして出来ることなんでしょうか。


中谷さんもツアー中におっしゃっていましたが、
日本もまた、そういうドイツに同盟国として近づき、
間接的に関与していた1国なのです。
そして、それを支えていた日本人も。


「人間がしたこととは思えない」だなんて。


そんなことを言えたのは、
完全に他人事としてしか捉えていなかった証拠です。


この先、直接的に私が誰かを殺害したり、
虐げたりすることはなかったとしても、
間接的にも全く関与しないなんて保証、どこにあるのでしょうか。


現に今でもまだ、世界中で紛争は止まない。
それでも安穏とした日本での生活の中で、
そういった事実をきちんと知ろうとしたことはほとんどありませんでした。


今の無力で無知な私には、こう認めてしまうことしか出来ません。
アウシュビッツで起こったことは、明らかに人間がしたこと。
だからこそ、それを引き起こした狂気や無関心は、
自分自身の中にも確実に存在するのだと。


あの時に感じた果てしない嫌悪感は、
今はもう無きナチスに対してというよりも、
むしろ今、何かに対して無責任な傍観者になっているであろう自分、

そしてこれから身近に何かが起こった時、
自分の身を守るためならば、
確実に傍観者であることを選択するであろう自分自身に対してこそ、
抱くべき感情なのでしょう。


中谷さんは最後にこうもおっしゃっていました。


アウシュビッツを訪れる日本人は、年配の方がほとんど。
やはり若い人たちにこそたくさん訪れてもらって、
彼らの過去に捉われない柔軟な感性に、
これからの希望を見出したいのだ、と。


こんな私にも、そんな希望あふれる未来の一端を担うことは
出来るんだろうか。


自分の中に、こんなにもどろどろに渦巻くエゴを感じながらも、
それでもなお、自分だってそんな未来を描きたいと、
そういった矛盾した思いを抱えていることもまた、事実なのです。




ブログ村ランキングに参加しています。
みなさんにクリックして頂けると順位が上がります。
ぜひ1クリックお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/08/16 05:13】 | ポーランド
トラックバック(0) |


はんぐるべぇ
このブログの存在もまた未来を変える力の一端を担うと信じて。


こんた
長文失礼します。

アウシュビッツと日本や貴方を結び付けるのはおかしな理論だと思いますよ。

現代から過去を見てあの時こうしておけばと思うのは簡単な事です。
その証拠が今現在も北朝鮮や中国では人権が蹂躙されシリアでは市民が殺されていますが私達に何か出来ますか?
私達は今現在も歴史から何一つ学んでいません。
これは日本人だけの責任ではなく世界中がそうだからこの現状が有るのです。

貴方はドイツ滞在の「壁」というタイトルでドイツの歴史教育を誉めていますがドイツが教えているのは「ナチスドイツ」の残虐行為で有り謝罪しているのはその時犠牲になったユダヤ人だけにです。
ドイツはイギリスに無差別爆撃をした事やロシアに侵略した事ポーランドを併合した事は謝罪も賠償もしていません。
非常に馬鹿らしい事に戦争は外交の手段の一つですから罪では無いのです。
だから謝罪も賠償もしないというのが世界の常識です。
一方日本は全ての戦争した国、植民地や併合した国に謝罪し賠償金を支払う事を申し出ました。
よく戦時下の日本とナチスドイツを同一視する方が居ますがそれは余りにもフェアでは有りません。
誤解を恐れずに書くと日本も戦争をしたに過ぎないのです。

アメリカが日本にした事なんてアメリカでは教えてません。
ドイツがイギリスにした事イギリスがフランスにした事フランスがドイツにした事韓国がベトナムにした事中国がチベット、ウイグルにした事も加害国は教えていません。

ナチスドイツの残虐行為から学ばなければいけないのは人間誰しも加害者に成りうるという事で、またどうすればそれを起こさないか、では無いでしょうか?
そして次に新しい手法の国家犯罪が起きたらそこから学び二度と同じ事を起こさないように歴史から学ぶしか無いのです。

火垂るの墓は良い映画です。
僕はこの映画を見て「絶対に戦争はして欲しく無い」と幼心に思いましたからね。
それじゃ駄目ですか?

何事にもバランス感覚が重要です。
無事に世界一周を果たして下さい。


Re: タイトルなし
かほ
> 長文失礼します。
>
> アウシュビッツと日本や貴方を結び付けるのはおかしな理論だと思いますよ。
>
> 現代から過去を見てあの時こうしておけばと思うのは簡単な事です。
> その証拠が今現在も北朝鮮や中国では人権が蹂躙されシリアでは市民が殺されていますが私達に何か出来ますか?
> 私達は今現在も歴史から何一つ学んでいません。
> これは日本人だけの責任ではなく世界中がそうだからこの現状が有るのです。
>
> 貴方はドイツ滞在の「壁」というタイトルでドイツの歴史教育を誉めていますがドイツが教えているのは「ナチスドイツ」の残虐行為で有り謝罪しているのはその時犠牲になったユダヤ人だけにです。
> ドイツはイギリスに無差別爆撃をした事やロシアに侵略した事ポーランドを併合した事は謝罪も賠償もしていません。
> 非常に馬鹿らしい事に戦争は外交の手段の一つですから罪では無いのです。
> だから謝罪も賠償もしないというのが世界の常識です。
> 一方日本は全ての戦争した国、植民地や併合した国に謝罪し賠償金を支払う事を申し出ました。
> よく戦時下の日本とナチスドイツを同一視する方が居ますがそれは余りにもフェアでは有りません。
> 誤解を恐れずに書くと日本も戦争をしたに過ぎないのです。
>
> アメリカが日本にした事なんてアメリカでは教えてません。
> ドイツがイギリスにした事イギリスがフランスにした事フランスがドイツにした事韓国がベトナムにした事中国がチベット、ウイグルにした事も加害国は教えていません。
>
> ナチスドイツの残虐行為から学ばなければいけないのは人間誰しも加害者に成りうるという事で、またどうすればそれを起こさないか、では無いでしょうか?
> そして次に新しい手法の国家犯罪が起きたらそこから学び二度と同じ事を起こさないように歴史から学ぶしか無いのです。
>
> 火垂るの墓は良い映画です。
> 僕はこの映画を見て「絶対に戦争はして欲しく無い」と幼心に思いましたからね。
> それじゃ駄目ですか?
>
> 何事にもバランス感覚が重要です。
> 無事に世界一周を果たして下さい。


こんたさん

コメントありがとうございます。
こんたさんのコメントを読ませて頂き、考えさせられた部分もあり、また私の言葉足らずだった部分もあると思うので、今一度ご説明させて頂きたいと思います。

まず大前提としてご了承頂きたいのは、これはあくまで単なる個人のブログであり、主に身内向けに、本当に個人的な感情や経験を発信しているものです。

アウシュビッツと日本と自分自身を結びつけるのはおかしな理論だというのは、確かにもっともなご意見です。
けれど私は旅をするうえで見るもの、経験するものを、基本的には「自分だったらどうするか」「どう考えるか、どう感じるか」を問いかけることを1番大切にしています。
もちろん現在の自分にあるだけのつたない知識・経験に基づきますので、他の方から見た時に「それはおかしい」「勉強不足だ」と感じられることもあるだろうというのは承知のうえです。

特に戦争に関する問題は大変デリケートで、事実が曖昧な部分もあり、私自身、今回の記事を書くのは本当に悩みました。だからこそ文頭に「率直に感じたことを書かせてもらう」旨も明記しましたが、それでも別のご意見をお持ちの方にはやはり違和感を感じさせてしまうだろうことは予想していました。

ちなみに、私は「火垂るの墓」自体を否定しているのではなく、「火垂るの墓」以外にも戦争について考えさせてくれる題材は他にもたくさんあるはずなので、そちらのほうにもスポットを当ててもらいたい、という意図で書きました。うまく伝えられなかったようで、すみません。

ところでこんたさんの本意とは全くずれるのでしょうが、私は最後の「バランス感覚」という部分に一番考えさせられてしまいました。というのも、旅を続けているうちに1番怪しくなってくるのが「自分の感覚」だからです。今までの日本での概念が通じない場所で様々な価値観に触れているうちに、何が良いのか悪いのか、自分の考えは果たしてバランスが取れているのか、簡単に判断しかねるようになってくるからです。そういった経験が出来るということは、ある意味旅の醍醐味でもあるのですが。そういう意味では、私自身は「バランス感覚を持って旅する」ことは出来ないような気がしていますし、今後も出来るだけ素直に思ったことを表現していきたいと考えています。

最後に、くだらない私のブログを読み込んで頂き、長いコメントまで頂けたことは本当に光栄です。
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m



Re: タイトルなし
かほ
> このブログの存在もまた未来を変える力の一端を担うと信じて。

(^O^)/



ピコ
こんたさんに触発されて、書く事にしました。

戦争についてですが、どうしても日本では、お隣の国である韓国についての話になってしまうと思います。もっと、アジアの諸国に対して日本がした事も学ぶ必要があると思います。

まず、朝鮮についてです。日清戦争で日本が勝利した事により、それまで清の属国であった朝鮮を独立した国家と日本が清に認めさせました。

ところが、当時の朝鮮は文明も発達しておらず、鎖国状態でした。そこで、日本が併合しました。日本が朝鮮に対して行ったことは、学校とインフラや鉄道の普及。そして、ハングルの識字率の増加という結果も出てます。

次にアジア諸国。当時はヨーロッパ諸国の植民地の国が多くありました。日本はこれからのアジア諸国の独立の手助けをしたのも事実です。

アフリカには日本のような国がありませんでした。それが、アジアとアフリカの違いという考えもあります。

何が良い事かは正直わかりません。ただ、結果として残っていることは知っておく必要があると思います。

体に気をつけて旅を続けてください。
長文失礼しました。





Re: タイトルなし
かほ
>ピコさん

そうですね、日本がアジア諸国に対してしたことは、結果としてプラスに作用したものもそうでないものも、もっときちんと学ぶ必要がありますね。勉強不足を痛感する毎日です・・・。
コメント頂き、ありがとうございました!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
このブログの存在もまた未来を変える力の一端を担うと信じて。
2013/08/23(Fri) 10:30 | URL  | はんぐるべぇ #-[ 編集]
長文失礼します。

アウシュビッツと日本や貴方を結び付けるのはおかしな理論だと思いますよ。

現代から過去を見てあの時こうしておけばと思うのは簡単な事です。
その証拠が今現在も北朝鮮や中国では人権が蹂躙されシリアでは市民が殺されていますが私達に何か出来ますか?
私達は今現在も歴史から何一つ学んでいません。
これは日本人だけの責任ではなく世界中がそうだからこの現状が有るのです。

貴方はドイツ滞在の「壁」というタイトルでドイツの歴史教育を誉めていますがドイツが教えているのは「ナチスドイツ」の残虐行為で有り謝罪しているのはその時犠牲になったユダヤ人だけにです。
ドイツはイギリスに無差別爆撃をした事やロシアに侵略した事ポーランドを併合した事は謝罪も賠償もしていません。
非常に馬鹿らしい事に戦争は外交の手段の一つですから罪では無いのです。
だから謝罪も賠償もしないというのが世界の常識です。
一方日本は全ての戦争した国、植民地や併合した国に謝罪し賠償金を支払う事を申し出ました。
よく戦時下の日本とナチスドイツを同一視する方が居ますがそれは余りにもフェアでは有りません。
誤解を恐れずに書くと日本も戦争をしたに過ぎないのです。

アメリカが日本にした事なんてアメリカでは教えてません。
ドイツがイギリスにした事イギリスがフランスにした事フランスがドイツにした事韓国がベトナムにした事中国がチベット、ウイグルにした事も加害国は教えていません。

ナチスドイツの残虐行為から学ばなければいけないのは人間誰しも加害者に成りうるという事で、またどうすればそれを起こさないか、では無いでしょうか?
そして次に新しい手法の国家犯罪が起きたらそこから学び二度と同じ事を起こさないように歴史から学ぶしか無いのです。

火垂るの墓は良い映画です。
僕はこの映画を見て「絶対に戦争はして欲しく無い」と幼心に思いましたからね。
それじゃ駄目ですか?

何事にもバランス感覚が重要です。
無事に世界一周を果たして下さい。
2013/09/12(Thu) 15:49 | URL  | こんた #oWMM.ioY[ 編集]
Re: タイトルなし
> 長文失礼します。
>
> アウシュビッツと日本や貴方を結び付けるのはおかしな理論だと思いますよ。
>
> 現代から過去を見てあの時こうしておけばと思うのは簡単な事です。
> その証拠が今現在も北朝鮮や中国では人権が蹂躙されシリアでは市民が殺されていますが私達に何か出来ますか?
> 私達は今現在も歴史から何一つ学んでいません。
> これは日本人だけの責任ではなく世界中がそうだからこの現状が有るのです。
>
> 貴方はドイツ滞在の「壁」というタイトルでドイツの歴史教育を誉めていますがドイツが教えているのは「ナチスドイツ」の残虐行為で有り謝罪しているのはその時犠牲になったユダヤ人だけにです。
> ドイツはイギリスに無差別爆撃をした事やロシアに侵略した事ポーランドを併合した事は謝罪も賠償もしていません。
> 非常に馬鹿らしい事に戦争は外交の手段の一つですから罪では無いのです。
> だから謝罪も賠償もしないというのが世界の常識です。
> 一方日本は全ての戦争した国、植民地や併合した国に謝罪し賠償金を支払う事を申し出ました。
> よく戦時下の日本とナチスドイツを同一視する方が居ますがそれは余りにもフェアでは有りません。
> 誤解を恐れずに書くと日本も戦争をしたに過ぎないのです。
>
> アメリカが日本にした事なんてアメリカでは教えてません。
> ドイツがイギリスにした事イギリスがフランスにした事フランスがドイツにした事韓国がベトナムにした事中国がチベット、ウイグルにした事も加害国は教えていません。
>
> ナチスドイツの残虐行為から学ばなければいけないのは人間誰しも加害者に成りうるという事で、またどうすればそれを起こさないか、では無いでしょうか?
> そして次に新しい手法の国家犯罪が起きたらそこから学び二度と同じ事を起こさないように歴史から学ぶしか無いのです。
>
> 火垂るの墓は良い映画です。
> 僕はこの映画を見て「絶対に戦争はして欲しく無い」と幼心に思いましたからね。
> それじゃ駄目ですか?
>
> 何事にもバランス感覚が重要です。
> 無事に世界一周を果たして下さい。


こんたさん

コメントありがとうございます。
こんたさんのコメントを読ませて頂き、考えさせられた部分もあり、また私の言葉足らずだった部分もあると思うので、今一度ご説明させて頂きたいと思います。

まず大前提としてご了承頂きたいのは、これはあくまで単なる個人のブログであり、主に身内向けに、本当に個人的な感情や経験を発信しているものです。

アウシュビッツと日本と自分自身を結びつけるのはおかしな理論だというのは、確かにもっともなご意見です。
けれど私は旅をするうえで見るもの、経験するものを、基本的には「自分だったらどうするか」「どう考えるか、どう感じるか」を問いかけることを1番大切にしています。
もちろん現在の自分にあるだけのつたない知識・経験に基づきますので、他の方から見た時に「それはおかしい」「勉強不足だ」と感じられることもあるだろうというのは承知のうえです。

特に戦争に関する問題は大変デリケートで、事実が曖昧な部分もあり、私自身、今回の記事を書くのは本当に悩みました。だからこそ文頭に「率直に感じたことを書かせてもらう」旨も明記しましたが、それでも別のご意見をお持ちの方にはやはり違和感を感じさせてしまうだろうことは予想していました。

ちなみに、私は「火垂るの墓」自体を否定しているのではなく、「火垂るの墓」以外にも戦争について考えさせてくれる題材は他にもたくさんあるはずなので、そちらのほうにもスポットを当ててもらいたい、という意図で書きました。うまく伝えられなかったようで、すみません。

ところでこんたさんの本意とは全くずれるのでしょうが、私は最後の「バランス感覚」という部分に一番考えさせられてしまいました。というのも、旅を続けているうちに1番怪しくなってくるのが「自分の感覚」だからです。今までの日本での概念が通じない場所で様々な価値観に触れているうちに、何が良いのか悪いのか、自分の考えは果たしてバランスが取れているのか、簡単に判断しかねるようになってくるからです。そういった経験が出来るということは、ある意味旅の醍醐味でもあるのですが。そういう意味では、私自身は「バランス感覚を持って旅する」ことは出来ないような気がしていますし、今後も出来るだけ素直に思ったことを表現していきたいと考えています。

最後に、くだらない私のブログを読み込んで頂き、長いコメントまで頂けたことは本当に光栄です。
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

2013/09/13(Fri) 22:27 | URL  | かほ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> このブログの存在もまた未来を変える力の一端を担うと信じて。

(^O^)/
2013/09/13(Fri) 22:34 | URL  | かほ #-[ 編集]
こんたさんに触発されて、書く事にしました。

戦争についてですが、どうしても日本では、お隣の国である韓国についての話になってしまうと思います。もっと、アジアの諸国に対して日本がした事も学ぶ必要があると思います。

まず、朝鮮についてです。日清戦争で日本が勝利した事により、それまで清の属国であった朝鮮を独立した国家と日本が清に認めさせました。

ところが、当時の朝鮮は文明も発達しておらず、鎖国状態でした。そこで、日本が併合しました。日本が朝鮮に対して行ったことは、学校とインフラや鉄道の普及。そして、ハングルの識字率の増加という結果も出てます。

次にアジア諸国。当時はヨーロッパ諸国の植民地の国が多くありました。日本はこれからのアジア諸国の独立の手助けをしたのも事実です。

アフリカには日本のような国がありませんでした。それが、アジアとアフリカの違いという考えもあります。

何が良い事かは正直わかりません。ただ、結果として残っていることは知っておく必要があると思います。

体に気をつけて旅を続けてください。
長文失礼しました。



2013/09/13(Fri) 23:10 | URL  | ピコ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ピコさん

そうですね、日本がアジア諸国に対してしたことは、結果としてプラスに作用したものもそうでないものも、もっときちんと学ぶ必要がありますね。勉強不足を痛感する毎日です・・・。
コメント頂き、ありがとうございました!
2013/09/14(Sat) 02:16 | URL  | かほ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。