上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、オーストリアの西の国境沿の街、
フェルトキルヒに移動です。

ザルツブルクから、列車で4時間(54ユーロ)。



オーストリアの列車って、むっちゃ分かりやすくて快適なんです。
フェルトキルヒ①

フェルトキルヒ②


車窓からの景色も、なかなか見事です。
フェルトキルヒ③

フェルトキルヒ④



フェルトキルヒに到着〜。



まだ時間はたっぷりあるので、街の散策へ。







・・・何にも、なかったです。







街歩き終了。




たぶんここは、スキーシーズンとかに混み合う場所なんでしょうね。

そもそもこの街にわざわざ宿を取ったのは、
明日リヒテンシュタインを通って、
スイスに抜けたいから。


リヒテンシュタイン側、スイス側にいくと、
いきなり物価が上がるそうなので。


フェルトキルヒの駅前からは、
リヒテンシュタインのファドゥーツまでの
バスが出ています(片道40分、3.8ユーロ)。
土日は本数が少なくなるようなので要注意。
直接駅前のバス停で時刻表を見るか、
駅のinformationで確認しましょう。




で、翌日、リヒテンシュタインにバスで移動します。



リヒテンシュタインは、この前行ったルクセンブルクを上回る小国。

人口はなんと、3万5000人のみ。

それでも高い工業技術を持ち、
特に高度な印刷技術からくる切手が有名な国らしい。

全く知らなかったな。

バスはファドゥーツ(いちおう首都)の郵便局前に停車するので、
そこから街歩き開始です。

これ、切手博物館。
リヒテンシュタイン①

確かにきめ細かくて、美しいデザイン!
リヒテンシュタイン②

リヒテンシュタイン③

リヒテンシュタイン④



切手マニアには、たまらないんでしょう。



続いて、今でも侯爵がすむというファドゥーツ城へ。

ホテルの横の道を、20分くらい登っていきます。

リヒテンシュタイン⑨

リヒテンシュタイン10



はい、着いたー
リヒテンシュタイン11



山の上から眺める景色も綺麗です。
リヒテンシュタイン12

リヒテンシュタイン13


ファドゥーツ市内の様子。
リヒテンシュタイン⑥

リヒテンシュタイン⑦

リヒテンシュタイン⑧


はい、これで街歩き終了〜

ほんとに小さくて、見所は少ないので、

観光には2〜3時間もあれば十分じゃないですかね?

ただし意外だったのが、景色の美しさ。

スイスの隣国なので、当たり前っちゃ、
当たり前なのかもしれませんが、
迫り来るアルプスに囲まれた、本当に美しい国です。
リヒテンシュタイン14

リヒテンシュタイン15


ファドゥーツ市内を歩いている時は分からなかったけど、
市外へのバスに乗ると、雄大な景色の中にいくつも工場を発見しました。

工業国という噂は、きっと本当なんですね。

・・・フェルトキルヒといい、リヒテンシュタインといい、
のどかすぎて、今日の記事は、ずいぶんパンチのない文章ですね。

次はこのまま、スイスに入国です!






ブログ村ランキングに参加しています。
みなさんにクリックして頂けると順位が上がります。
ぜひ1クリックお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/06/05 06:00】 | リヒテンシュタイン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。