上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、いよいよノイシュバンシュタイン城へ。



ノイシュバンシュタイン城は、ロマンチック街道の最終地点となる、

フュッセンの隣町にあるお城。



あのディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったとも

言われています。



すっかり大好きになったロマンチック街道、

いよいよ大詰めです(^-^)



フュッセン駅前からバスが出ていますが、

私は徒歩で行くことにしました。



ノイシュバンシュタイン城までの道中は

ハイキングコースになっていて、とても気持ちいいです。



こんな景色を見ながら、歩いて行きます。
フュッセン①

フュッセン②

フュッセン③

フュッセン④

フュッセン⑤

フュッセン⑥

フュッセン⑦


ずっとなだらかな道ですし、景色も綺麗なので、

行きか帰りは徒歩で行くことをオススメします!


自転車も良さそうですねー。


ゆっくり歩いて50分くらいで、麓のチケットセンターに到着!
フュッセン⑨



ノイシュバンシュタイン城のチケットを買うには、

繁忙期には数時間待ち!(゚o゚;;

だそうで、予約必須! とあったのですが、

もちろん無計画な私は、なんとかなるんじゃないかなーと思い、

予約なしで参戦!



今日はノイシュバンシュタイン城を見るのがメインですし、

ちょっとぐらい並んでもいいや、ぐらいのつもりでした。




結果は・・・、






全然、並びませんでした。
フュッセン⑧


待ち時間、およそ3分。



数時間待ちというのは恐らく超繁忙期のもので、

時期をはずせば、直接行っても大丈夫なんじゃないでしょうか。



入場時間は1時間半後という、

ちょうどいい時間のものが買えました^_^



ちょっと麓の町をうろついて、お昼ご飯食べて、

お城へと向かいます。
フュッセン10


ここからちょっとした山道になります。
フュッセン11

フュッセン12


麓の町からは、バスや馬車で行くことも可能。




歩くこと30分で、到着〜✌






おお、これが!!
フュッセン13



どの辺がシンデレラ城なのかな?

近くから見るとよく分からず。



ちなみに城内は撮影禁止。

個人でぶらぶら見学することは出来ず、

グループになって見学します。



これって、実は百数十年前に作られた、新しいお城なんですねー。

当時の王様が、あくまで「中世風」に作ったものなんです。

本物の中世の建物と比べると、

新しいため若干テーマパーク感もあるんですが、
(この辺が確かにディズニーランド?)

見ごたえは十分あります。


しかし、ここもモンサンミッシェルと同じく、

やっぱり最大の見所は遠景。









さらに歩いて15分、マリエン橋から見える景色は・・・











これこれ、

これが見たかったですよね!!
フュッセン14



いや〜、綺麗です。(*^_^*)



よくポストカードなどでは、

紅葉や雪景色のノイシュバンシュタイン城が

写ってますが、その頃はさらに綺麗なんでしょうね。




さて、ここで、ドイツともお別れ。

明日はオーストリアのザルツブルクに移動します。



あ〜、ドイツ、すっごい良かった(*^◯^*)



今まで行ったヨーロッパの国の中で、

断トツで好きになりました!!



私は数十カ国行ったことはあっても、

もう一度行きたいって思える国は

ほんとに一握りしかないのですが、

ここで
ドイツがどかーん! と仲間入りしました???




なんでしょうねえ、

荒んでない、きちんとした感じ?

それでいてメルヘンな景色?


人も親切でしたねえ〜(^-^)



だけどね、




これはたまたま私が遭遇した人たちが

そうだっただけかもしれませんが、

道を尋ねると、すっごい丁寧に教えてくれるんですよ。




でもね、




けっこう頻繁に、
それが間違ってたんですけど!! (;´Д`A





丁寧なのに、間違ってる・・・




そのギャップ・・・




なんで?





ドイツ人、意外とおちゃめ?




好きだーーー!!

ドイツ!!





ブログ村ランキングに参加しています。
みなさんにクリックして頂けると順位が上がります。
ぜひ1クリックお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/06/01 06:00】 | ドイツ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。