上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日間お世話になったルイスたちに別れを告げて、

いざモンサンミッシェルへ!



パリからモンサンミッシェルへの行き方としては、

パリからTGVでレンヌまで行き、

レンヌからバスという方法がよく紹介されています。



この行き方で値段を調べてみると、往復で180ユーロくらい‼



たっけ〜‼∑(゚Д゚)



しかも、モンサンミッシェルの近くにはいわゆる安宿はなく、

シングルで泊まろうとするとかなりいいお値段。

交通費も合わせて、250ユーロくらい飛んじゃうんじゃないか・・・(。-_-。)




この高さも、私をモンサンミッシェルから遠ざけていた大きな理由。


しつこく、もっと安い行き方はないか調べてみる。




あった〜!! o(^▽^)o




TGVじゃない鈍行?ローカル線?で、

往復60ユーロ以上安く行けることが判明!

(ちなみに調べ方としては、

SNCFのHPでしつこく時間を変えて検索してみると、

たまに安いのが出てきます)



時間はかかるけど、これしかない!



宿も、安さ重視で、

モンサンミッシェルから10km離れた

ポントルソンという町にとることに。

これもネットサーフィンしまくって、

地元のおじちゃんが個人で経営してるという安宿に。

1泊ドミで19.5ユーロ。

なんだかこのオーナーのおじちゃんがすごくいい人らしく、

泊まった人達が絶賛してたので、そこに決めました。




メールで予約して、ロニーというおじちゃんとやり取り。

宿はポントルソンの駅からも遠く、歩くと1時間はかかるそう。

駅に着いたら電話をくれれば、迎えに来てくれると。



おじちゃんの名前と、電話番号をメモって、一安心。



ふ〜、これで、ちょっとは安くモンサンミッシェルに行けるよ・・・

よかった よかった・・・(^∇^)



行きの車内は、フランスが誇るTGVではないとはいえ、

乗り心地は普通にいい。
モンサンミッシェル①



パリから電車を乗り継ぎ、4時間半で、ポントルソンに到着!

ここは、電車の発着時間以外には無人になるという、ほんとに何にもない駅。
モンサンミッシェル②


駅を出て、宿のおじちゃんに迎えに来てもらうために

公衆電話を探す。




あった!




けど・・・




え、カード式? コイン使用不可?
モンサンミッシェル③


カードって、どこで買えばいいの?



・・・・



とりあえずちょっと歩いてみて、

コインが使える公衆電話を探そう。




・・・・




20分歩いても、見つからない・・・f^_^;





これは、ちょっとヤバイ。






しょうがない、奥の手を使いましょう。( ̄^ ̄)ゞ





奥の手、それは、

海外にいる間はずっと、

通話機能を制限しているiphoneの設定を、解除すること。

iphoneでは、下手に海外使用しようとすると

知らない間に現地の携帯会社に接続され、

後で、それはもう、恐ろしく高額な料金を請求されるという。

それがほんとに怖くて、ずっと成田空港を出る時から、

機能を制限するために「機内モード」をオンにしていた。





この「機内モード」をオフにする時が

ついに来てしまった・・・‼ヽ(´o`;






小心者の私、ちょっと手が震える。



果たして何が起こるのか・・・‼



ぷるぷるぷる´д` ;





よし!





「機内モード」、オフ!





とたんに、迷惑メールが一切に入り始め、

合わせて「海外パケ放題に接続しました」というメールも。




あぁ、やっぱり・・・>_<




なんだかよく分からないけど、

きっとこれで、高額な請求が来るに違いない・・・




この時点で、もう若干パニック気味。

でも、震える手で宿のオーナーに電話してみる。





ツー 、 ツー 、

プツッ




ん?




つながらない?



もう1回掛けてみる。





ツー 、 ツー 、

プツッ



ん!?

つながらない!?





なんで?


私の掛け方がおかしいの?


それとも電話の設定がおかしいの?


もうたぶん、高額な料金を請求されちゃう設定になってるのに!?



なんで!?



なんで!?





この時点で、パニック度は60%。





それでもなんとか動いてる頭で考えて、

駅員さんに代わりに電話を掛けてもらおうと思いつく。




英語が通じない駅員さんに、無理やり片言で説明する。



私の携帯、no work.

please call ,phone call my hostel (´Д` )





駅員さん、突然登場した私に

ん?って感じだったけど、

なんとか通じたのか、私が見せた電話番号に掛けてくれて。








結果は・・・






「ノー」



え?



ノーって何?



もっかい掛けて?




「ノー、ノーフォンナンバー」





え、何で?(°_°)



何がノーなの?



それ、私の宿の電話番号。



お願いだから、もう一回かけて!




プリーズ〜〜〜。・゜・(ノД`)・゜・。






駅員さんに泣きつく私。

比喩なんかじゃなくって、ほんとに半泣きですがりつく。

いい年した大人が!




「ノー、ノーフォンナンバー」




ひたすら繰り返す駅員さん。




この時点でのパニック度、80%。



何が何だか良く分からない。




何が?




何が⁉






・・・どうやら駅員さんがいうには、

電話番号は、10ケタあるはずと。

君が見せた番号は、9ケタしかないと。




どこか1ケタ抜けているので、電話かけようがないと。






ちーん・・・






どうやら宿のおじちゃんが、間違えた番号を教えてたみたい・・・



パニック度、100%‼




どうしよう!?



どうしたらいい!? ∑(゚Д゚)





ブログ村ランキングに参加しています。
ぜひ1クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2013/05/11 06:17】 | フランス
トラックバック(0) |


じゅん
宿にたどり着けないってマジで焦るよね。
私も中国で個人経営のとこ泊まった時、テレホンカードは無い、住所をたどるけどみあたらないで、かなり焦った経験あるよ〜〜。
まぁ火事場の馬鹿力じゃないけど、以外となんとかなるんだよね〜。
私も手当たり次第に商店の人に電話かして下さいって頼みまくって、なんとか着けたよ〜。

津田ちゃんも、なんとかたどり着けたでしょ?

Re: タイトルなし
かほ
> 宿にたどり着けないってマジで焦るよね。
> 私も中国で個人経営のとこ泊まった時、テレホンカードは無い、住所をたどるけどみあたらないで、かなり焦った経験あるよ〜〜。
> まぁ火事場の馬鹿力じゃないけど、以外となんとかなるんだよね〜。
> 私も手当たり次第に商店の人に電話かして下さいって頼みまくって、なんとか着けたよ〜。
>
> 津田ちゃんも、なんとかたどり着けたでしょ?

中国も、なんかすごそうだね!
今度は、商店の人に泣きつくか!✌


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
宿にたどり着けないってマジで焦るよね。
私も中国で個人経営のとこ泊まった時、テレホンカードは無い、住所をたどるけどみあたらないで、かなり焦った経験あるよ〜〜。
まぁ火事場の馬鹿力じゃないけど、以外となんとかなるんだよね〜。
私も手当たり次第に商店の人に電話かして下さいって頼みまくって、なんとか着けたよ〜。

津田ちゃんも、なんとかたどり着けたでしょ?
2013/05/11(Sat) 09:55 | URL  | じゅん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 宿にたどり着けないってマジで焦るよね。
> 私も中国で個人経営のとこ泊まった時、テレホンカードは無い、住所をたどるけどみあたらないで、かなり焦った経験あるよ〜〜。
> まぁ火事場の馬鹿力じゃないけど、以外となんとかなるんだよね〜。
> 私も手当たり次第に商店の人に電話かして下さいって頼みまくって、なんとか着けたよ〜。
>
> 津田ちゃんも、なんとかたどり着けたでしょ?

中国も、なんかすごそうだね!
今度は、商店の人に泣きつくか!✌
2013/05/24(Fri) 19:00 | URL  | かほ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。