上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかスリの話で完結してしまいそうなベルギーですが;^_^A

スリに遭う前は、楽しく観光してたんです!



そんなベルギーも、今やすっかり嫌いになっちゃいましたけどね・・・(。-_-。)



そうなんです、
ちっちゃい人間なんです、私。( ̄▽ ̄)

ここで見栄張ろうなんて思ってません。




ベルギーの空気を吸うことさえ嫌になった私は、
逃げるようにオランダに移動しました。


本当は、ベルギーの他の街で行ってみたいところも
あったんですが、もうそんな気は全く起きず。




とにかく早く、別の場所に行きたかった。








それでもせっかくなので、
ちょこっとだけベルギー観光話を書いておきます。








ベルギーといえば、やっぱりチョコレートですよねー!!



何を隠そう、私、

相当なチョコレート好きです。



日本でも、毎日、

明治ミルクチョコレートと森永ダースを1個ずつ

摂取することを自らに科していました。



かなりストイックに。( ̄^ ̄)ゞ




合計カロリー、600kcal超えますからね!!




毎日ですよ?




一応、体重を気にしなきゃいけない三十路女子なのですが。




このブログを毎日書き続けること以上に難しいことだと、
今になって思います。




市役所に勤めていた時、運営している団体の行事として

毎年どこかの工場見学に行ってたんですが、

自分で見学先を決めれるとあって、

真っ先に森永チョコレート工場行きましたからね!!ψ(`∇´)ψ



毎日食べてる森永ダースたちが流れていくベルトコンベア、

出来たてでちょっととろけ気味の森永ダース・・・



あ〜、ヨダレたれてきた・・・(=´∀`)





死ぬときは絶対、チョコレートにまみれて死にたい・・・!



生きてる間に一度でいいから、チョコレート風呂に入りたい・・・!!



ってか、
チャーリーのチョコレート工場で働きたい・・・!!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆






もうお気づきの方もいるかと思いますが、

私 別に、高級チョコレートって好きじゃないんですよ。

まあ好きじゃないって言えるほどに、食べたことはないんですけど。

それでも、100円のチープなチョコのほうが美味しいって
思っちゃうんですよねー。





話それましたが、

そんなチョコレート命! な私にとって、

ベルギーは夢のような世界でした。





街中には所狭しとチョコレート屋さんが軒を連ね・・・
ベルギー①

ベルギー②

ベルギー③

ベルギー④

ベルギー⑤




本場のGODIVA!
ベルギー⑥

ベルギー⑦



チョコレートファウンテン!
ベルギー⑧



いや〜、チョコ好きにはたまりません(*^o^*)





そして、ベルギーといえばワッフルも!


ワッフル屋さんも多し。
ベルギー⑨



でもここまで来たからには、

シンプルなワッフルじゃなくて、

クリームやら何やらがゴテゴテ乗ったのを食したい!




で、これをチョイス。
ベルギー10


うまいっo(^▽^)o







そして、

やっぱりこの子でしょうか。




小便小僧(別名ジュリアン君)!!
ベルギー11


世界三大がっかりなんて不名誉な名称を与えられてますが、

別にがっかりはしなかったなあ〜

非常に愛らしいです?








でももう、ベルギー、

二度と行かないと思いますけどね。( ̄^ ̄)ゞ







やっぱり、GODIVAなんかじゃダメなんです。






やっぱりやっぱり、
チョコレートは明治か森永なんですよ!!










こーんなバカなことして遊んでるから、
スられちゃったんですかねえ?
ベルギー12





ブログ村ランキングに参加しています。
ぜひ1クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/05/24 06:00】 | ベルギー
トラックバック(0) |
もう、観光する気なんて全くなかったので、

その後はひたすら宿で休みました。。。




ちょうど愛読してる「yahoo! 知恵袋」のお題が、

「物を失くします」でした。



なんだか最近、身の回りの物がよく失くなるのは何かがあるのか、

という質問に、

今の私にちょっとグッとくる回答が2つ。



①物は自分の身代わりになってくれるといいます。

本当はもっと大事なものがなくなるはずだったけど、

代わりに失くなってくれたんです。




②立て続けに不運が起きるのは、

あなたの感性が鈍っていて、それを取り戻すために

必然で起こっているのでは。

そういう不運は、それが起こる理由に気づけば

ぱたっと止むものです。





もっと大事なもの、起こる理由・・・





私の場合は、何なんだろうな。





ぼーっと考えながら、

昨日一睡も出来なかったから、

さすがに眠くなってちょっと眠りました。










・・・答えは、兄ちゃんからのメールにありました。







大丈夫? の後に続く兄ちゃんからの言葉は、

「気をつけろよ」などではなく、


「生きて帰ってこい」でした。






ああ、そうか。





私の大事な人たちは、

私が物を失くしたり、

お金を無駄にしたりすることを気にしてるんじゃなくて、



ただ、私が無事に帰ってくること

望んでくれてるんだ。








この旅の最終地点は、見聞を広めることじゃない。


遊びまくって、楽しみまくることでもない。



無事に、元気で生きて帰ること。



その他のことは、全部ただの付随物でしかない。



1ヶ月前に出発した時そう決めたはずなのに、

たった1ヶ月で、

すっかり忘れてしまっていた。




このところの私は、

高すぎるヨーロッパの物価にイライラし、

少しでも損をしないように切り詰め、

お金のことばっかり考えていた。




大事なことを忘れていた。



そういう気持ちの散漫さが招いた結果が、

今回の事件なんだと思う。





ちょっと、初心に帰ります。







ブログ村ランキングに参加しています。
ぜひ1クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/05/22 06:00】 | ベルギー
トラックバック(0) |
どうしようもなかったので、1人でとぼとぼと宿に帰りました。

今はもう真夜中。

何か行動を起こそうにも、

知らない土地で動き回るのは危険すぎます(._.)





この時、何よりも怖かったことは、

物を盗られたこと以上に、

見事に、誰とも連絡がとれなかったこと!!
( ;´Д`)




きっと側に友達がいたりすれば、

ここまでのことにはならず、

落ち込みはするけれど、もっと冷静に、

しょうがないね、で終わらせられたと思います。





でも、私はひとりぼっちだった。





もう何をすればいいのか分からなかった。




いや、正確には、頭では分かってる。




盗まれた携帯とカードは、まず戻ってこないだろう。

まず、携帯会社に連絡して使えないようにして、

カード会社に連絡してストップかけて、

それからそれから、

警察に行かなきゃ・・・



さすがに大人だもん、頭では分かってる。




でも、気持ちが全くついていかない。



もう、何をどうすればいいのか分からない。



今は真夜中だ。日本も、まだ早朝。

誰も起きてるはずがない。

でも、とにかく誰かに側にいてほしくって、

側にいてくれなくても構わない、

せめて声が聞きたくって、

大丈夫だよ、心配しないでって、

言ってほしくって

手元に残ったipadを使って、

必死で家族とかに連絡しようとした。




でも、宿のか細いwifiのなかで、全くつながらず、

きっとうまく送信できていたとしても誰にも気づかれず。




途方にくれた。





せめて電話が出来れば。




でもこんな真夜中に、街に出て公衆電話を探し、

見つかったとしても

たぶんまたカード式のものなので使えず、

あまりにもリスクが高すぎた。




この間にも、不正使用されていたら。




どうしよう どうしよう???





泊まっていたのは10人部屋のドミトリー。

真夜中にゴソゴソやっているのはあまりに気がひけたので、

暗い廊下に出て、階段に座り、

1人で、ただぶるぶる震えながら朝が来るのを待った。





怖かった。心底、怖かった。





その時、実感した。


ああ、私は、今、

本当にひとりぼっちなんだ。


ここで私がどんな目に遭おうと、

泣こうがわめこうが、

助けてくれる人なんて、誰もいない。


これが、1人旅の現実。




今までだって、海外でこれ以上に深刻な事態になったことは、

実は何度かある。

でもいつだって、結局は長くても数ヶ月後には日本に帰れるから、

もっと安心していられた。



日本には帰る場所があり、

所属している組織があり、

頼れる人たちがいた。




でも、今は違う。




1年半もの間、どこにも所属せず、

こんな時誰ともつながれない。



私はそれを、とんでもなく自由だと思っていた。




その自由を満喫しまくるのが旅だと思っていた。



でもそれは、

とんでもなく、恐ろしいことなんだって

今初めて、実感した。




今回は、物だからまだいいんです。



でもこれが、

もっと大変な事件だったら?

事故だったら?




その時も私は、同じように、

ただ1人でぶるぶる震えているんだろうか。




心底、恐ろしくなった。







朝が来て、

昼前くらいにやっと母と連絡が取れて、

携帯とカードの使用は、

なんとか止めてもらうことが出来た。




不正使用されてるかどうかは、まだ確認出来ず。




何もないことを祈るのみ。




出発する前、あんなに親に迷惑はかけないって

言い張って出て来たのに、

早くもこんなに迷惑をかけまくって、

本当に申し訳ない。m(_ _)m




その足で、保険請求のための盗難証明書を

発行してもらうために警察署へ。

たまたま通りかかった警官に事情を説明し、

パトカーで送ってもらえました。




ああ、これで、外国でパトカーに乗せてもらうのは

何回目かなあと、ぼんやり考えながら。



警察の人が丁寧に対応してくれたのが、唯一の救いでした。




ブログ村ランキングに参加しています。
ぜひ1クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/05/21 06:00】 | ベルギー
トラックバック(0) |
ちょっと前に、スリを見た話を書きましたが。


今度はなんと私自身が、

スリに遭っちゃいました・・・(−_−#)



それからというもの、

あまりに混乱してパニックになったため、

なかなか書く気にはなれませんでしたが、

最近ようやく落ち着いてきました(⌒-⌒; )


これから旅に出る方の参考にもなればと思います。



まず、私は今まで30か国以上の国を旅して来ましたが、
(ほとんどは、あまり治安が良くないと言われる途上国)

スリに遭ったことなんて、今の今までありませんでした。


よく言われているように、

スリは、きちんと気をつけていれば防げる。

そう思っていたし、実際気をつけているつもりでした。



リュックのチャック部分には南京錠、

加えて、雨が降っていなくてもレインカバーを付ける。

人混みにはなるべく近づかない。

危なそうな場所ではリュックは前に持つ。

歩きながら何度も振り返る。

人との距離を保って歩く。


などなど。



ちゃんと気をつけていれば、スリは防げる。

スリに遭っちゃうのは、被害に遭う人が気をつけてないからなんじゃないかって。

そう信じてました。




でも、自分が被害に遭ってみて、

私に今まで何も起こらなかったのは、

単にスーパー奇跡的に、運が良かっただけ なんだって気づきました。



気をつけていれば、スリは防げる。

それはある意味正しくて、

ある意味 全然違うって分かりました。



私は、気をつけることは出来る。

でも、常に気をつけていることなんて出来ないって。


だって、人間ですもん。


1週間〜10日間程度の旅行なら出来たとしても、

それ以上の長いスパンの旅行で、常に気を張っているなんて、

まず不可能でしょう。(・_・;



必ず、気が緩む瞬間がある。

そして、プロのスリたちは、その瞬間を見逃さない。





場所は、ベルギーの首都、ブリュッセル。

観光した帰り道、雨が降ってきたので

近くのマックに入ってコーヒー飲んで、雨宿りしてました。



しばらくして、男が1人、こちらに近づいて来ました。

何かが書かれた紙を持って。


こちらでは、よく物乞いの人が路上で紙を持って、

私はこんな可哀想な境遇なんです、お金を恵んでください、

ってやってます。


その男も、そういう物乞いの一種かと思いました。


近づいてきた時、なんか嫌な感じがしたし、

私は男に対して、あっち行けって、シッ シッ ってやりました。

それでも男は、紙を持って近づいてきます。



私の目の前に、オランダ語かドイツ語かフランス語か分からないけど、何か書いてある紙を見せつけてきました。



やっぱり物乞いか、って思って、

しつこいので気分が悪くなって、

頼むからあっち行ってくれって、手のひらで追いやりました。



男は何事か言って、去って行きました。



あ〜、やっと行ってくれたか、

って安心して。



気がついたら、



ちょ、私のiphone、ないんですけど〜!! Σ(゚д゚lll)



しかもおバカなことに、
iphoneケースには2枚のクレジットカード
入り。




iphoneたちは、最重要貴重品として、一緒にしてたんです。



気づいてすぐに男を追いかけてみても、

もちろん見つかるわけがなく。



完全にやられました。


気が抜けてたんでしょう。

あんなに大事だと思ってたiphoneを、

テーブルに置いちゃってたんですね。



混乱しながらも、確かiphoneには、探索機能があったことを思い出しました。

私のiphoneが、探索できる設定になってたどうかは分かりませんが、

もう何でもいいから、できることはやるしかない!!



手元に残ってたipadで、「iphoneを探す」をオン!



おっ、


どこかの地図が出てきた! (゚o゚;;


もしかしてここに、犯人がiphoneを捨ててくれてたりしないだろうか・・・


こっちのスリは、盗んでもいらないものだったら

側にすぐ捨てちゃうって聞いたことあります。


普通に考えれば、iPhone5はかなり換価価値が高いので、

そんなことはありえないのですが、もう必死です(>人<;)



店員さんに地図を見せ、道を聞きます。

その店員さん、あまり地図が分からなかったようですが、

「その道なら、このすぐ近くだ」と。



地図を頼りに、ダッシュ!! ????



でも、暗いうえに、地図自体も不明確で、全然分からない???


町中を駆け回り、

何人もの人に道を尋ねましたが、all 観光客で、

みんな分からないと。



それでも最後に聞いた1人が、

あっ、あそこじゃないか!? と指差したのは・・・





私が最初にいた、マック。



どうやら地図は、iphoneではなく、

私が持ってたipadの場所を示してたよう。





ちーん・・・(−_−;)







ブログ村ランキングに参加しています。
ぜひ1クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/05/20 06:00】 | ベルギー
トラックバック(0) |

ドンマイp(^_^)q
おいチャン
iPhoneとキャッシュカードの盗難、それは凹むね〜(/ _ ; )
チョット形が違ったけど、お揃い〜!なんて言ってたあのオレンジのトランクの形のiPhoneカバーね、カード入るものね〜(−_−#)
海外保険旅行の携行品損害で保険金出たかなぁ??
そういう問題では無く、無いととっても困るね…(ーー;)

自宅出る時に同期して出てきてるなら帰国してから又iPhone買えば有る程度のデータは戻るしね!!

何処に居てもアクシデントは起きるから!

現に私も、こんな事、普通起きないでしょ!って笑っちゃうくらい変なアクシデントに次々と見舞われて…ようやく5月に入って止まった⁈
なんで⁈(−_−#)、どうして⁈と津田さんみたいにバチが当たったかなぁなんて凄く悩んだりしたけど。
ようやく落ち着いたからねo(^_-)O

大丈夫!ドンマイ!ドンマイ!
良い事も有るさ!応援してます(^-^)/

大変でしたね
Nan
ブログ、まっちゃんに教えてもらいました。

うーん。早速、大変でしたね。

ただ、クレジットカードは不正利用もある程度はカード会社がカバーしてくれると思うし、暗証番号がわからなければ使えない場合も多いので、意外と大丈夫かもしれません。

昔ロンドンの地下鉄で財布をすられて三時間ほど後に見つかったことがありました。数百円程度の現金は抜かれていましたが、カード(クレジット・デビット・キャッシュ)はそのまま残っていました。

(その間にカードを止めたのですが、その後カードを再発行してもらうのに、仕事のダメなイギリスのカード会社と三ヶ月ぐらいああだこうだとやりとりをしましたが、それはまた別の話。)

iphoneは帰ってこないでしょうが,これは所詮はモノですし。携帯通話の不正利用(国際通話など)は、旅行保険などでカバーできるといいですね。ipadでアカウントのパスワードなどを変えればそれ以外の被害はないでしょう。

ヨーロッパは今後3ヶ月ほどが一番いい季節です。兜の緒を締めつつ、楽しんでください。

Re: ドンマイp(^_^)q
かほ
> iPhoneとキャッシュカードの盗難、それは凹むね〜(/ _ ; )
> チョット形が違ったけど、お揃い〜!なんて言ってたあのオレンジのトランクの形のiPhoneカバーね、カード入るものね〜(−_−#)
> 海外保険旅行の携行品損害で保険金出たかなぁ??
> そういう問題では無く、無いととっても困るね…(ーー;)
>
> 自宅出る時に同期して出てきてるなら帰国してから又iPhone買えば有る程度のデータは戻るしね!!
>
> 何処に居てもアクシデントは起きるから!
>
> 現に私も、こんな事、普通起きないでしょ!って笑っちゃうくらい変なアクシデントに次々と見舞われて…ようやく5月に入って止まった⁈
> なんで⁈(−_−#)、どうして⁈と津田さんみたいにバチが当たったかなぁなんて凄く悩んだりしたけど。
> ようやく落ち着いたからねo(^_-)O
>
> 大丈夫!ドンマイ!ドンマイ!
> 良い事も有るさ!応援してます(^-^)/


私のことですから、データの同期なんて、全くしてませんでした〜!!( ̄▽ ̄)

iphone失くして初めて、「iphoneを探す」アプリをダウンロードして、
結果、手元にあるipadの位置を検索してるバカですよ?笑

しかし、アクシデントが続く時期ってありますよね・・・。

そちらはもう落ち着いたんですか?

お互い頑張りましょう☆




Re: 大変でしたね
かほ
> ブログ、まっちゃんに教えてもらいました。
>
> うーん。早速、大変でしたね。
>
> ただ、クレジットカードは不正利用もある程度はカード会社がカバーしてくれると思うし、暗証番号がわからなければ使えない場合も多いので、意外と大丈夫かもしれません。
>
> 昔ロンドンの地下鉄で財布をすられて三時間ほど後に見つかったことがありました。数百円程度の現金は抜かれていましたが、カード(クレジット・デビット・キャッシュ)はそのまま残っていました。
>
> (その間にカードを止めたのですが、その後カードを再発行してもらうのに、仕事のダメなイギリスのカード会社と三ヶ月ぐらいああだこうだとやりとりをしましたが、それはまた別の話。)
>
> iphoneは帰ってこないでしょうが,これは所詮はモノですし。携帯通話の不正利用(国際通話など)は、旅行保険などでカバーできるといいですね。ipadでアカウントのパスワードなどを変えればそれ以外の被害はないでしょう。
>
> ヨーロッパは今後3ヶ月ほどが一番いい季節です。兜の緒を締めつつ、楽しんでください。


おお、ロンドンでスられた財布が見つかったんですか!? (゚o゚;;
それはすごいですね・・・。

いろいろと情報提供ありがとうございます!
やっぱり、そういう時にどうすべきかというのは事前に把握して、準備する必要がありますね。
確かに私も、スられて1番大変だったのがカード会社とのやり取りで。

ヨーロッパ、確かにいい季節ですね^_^
楽しめるようにしていきます!



コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。