上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「7つの丘の都」と呼ばれるリスボン。

その名のとおり、本気で坂が多い・・・! !(´Д` )


坂・・・
リスボン①


坂・・・
リスボン⑥




坂、7つどころじゃないでしょ! ? ( ̄Д ̄)ノ

街中これじゃん! !


特に初日なんて、合計23kgのリュックを背負って、

迷いながら宿を探し、坂をかけ上がること1時間。

え、何これ? ? (;´Д`A

登山ですか? ?

それとも何かの修行??


そうとう、旅行者泣かせの街であることは間違いない・・・


そんなリスボンには、街中の細い路地に、なんとケーブルカーが。


ケーブルカーといえば、山にあるもんだと思ってた私には、

かなり新鮮✨


見て見て!

可愛すぎる(*^o^*)
ケーブルカー①



こんな細い道を通り抜けていきます
ケーブルカー②



リスボンの街並み
リスボン街並①

リスボン街並②

リスボン街並③



100m以上続く縦列駐車(どうやって停めてるのか!?)
駐車



ザビエル
ザビエル



あなた駆け込みすぎでしょ
地下鉄



可愛い土産物
土産①


どこの土産物屋にも売ってる風見鶏みたいなの
土産②


どことなくトルコの陶器に似てる
土産③



ポルトガル料理はおいしい!!

海があるから魚介類が豊富だし、

味付けも日本人好みな気がします。

ポルトガル版いわしの塩焼きなんかも食べられる。
リスボン③


ちなみにこれ、まさかの1人前!(゚o゚;;

だいたい何を頼んでも、このくらいの量が出てくる。

ポルトガル人、どんだけ食べるのか。





ポルトガルは、知られざるスイーツの宝庫でもあります。

何を食べても美味しかった!!(*^o^*)

一番はこれ!!
リスボン②
パステル・デ・ナタ

日本でいうエッグタルト。

こんな美味しいとろとろのタルト食べたことない!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

はまってバカ買いしてる人たちをたくさん見かけました。






ポルトガルの印象は、良く言えばレトロで素朴な国。

悪く言えば、もう数百年も前に栄華を極めて、

今や廃れてしまった感じ。

建物は古く、ちょっと裏通りに入れば誰も見かけない。

地方に行くと、過疎化はもっと深刻なよう。





でも、ポルトガルの人たちは優しかった!(*^^*)

道を尋ねれば、英語しゃべれないのに一生懸命教えてくれたり。

トラム(市電)でよろけてたら、お婆ちゃんが席を代わってくれようとしたり。

津波のことを心配してくれたり。



有名な見所はあまりない街だけど、

ゆったりのんびり散策するのは楽しかった!( ^ω^ )



次の国はスペインです!




ブログ村ランキングに参加しています。
ぜひ1クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2013/04/19 18:02】 | ポルトガル
トラックバック(0) |


naruo
おお!スタートしたんだね!
早速20kg以上背負ってそんな坂登るのはキツそうだなー…


じゅん
ポルトガルはノーマークだったけど、良さそうなとこだね。

次はスペイン‼
行って欲しいとこリストを送るって話してたので、まずは、ベタなとこから
アルハンブラ宮殿
ミハスの白い村
バルセロナのサグラダファミリア
もうすでに行ったことあるかな?

あと、
イビサでクラブ三昧
バルでタパスの食い倒れ

スペイン人の知り合いにもオススメ聞いてみるね。







まつもと
楽しんでますね〜。文章がいきいきしてますね!
影響されて、夏休みどこ行こうか考え始めました(笑)


Juri
わー、いい感じ。
そう言えば私もポルトガルに行きたかったんだ、
と思い出した。で、ラジオ講座でポルトガル語
を聞きだしたけど、ボンジーア、で挫折し たのでした。
スペインは身の回り十分注意してね。


Re: タイトルなし
かほ
> おお!スタートしたんだね!
> 早速20kg以上背負ってそんな坂登るのはキツそうだなー…

成ちゃん

北欧トレッキングやった成ちゃんなら余裕かもね〜(^ー゜)
私は腰くだけるわ!

Re: タイトルなし
かほ
> ポルトガルはノーマークだったけど、良さそうなとこだね。
>
> 次はスペイン‼
> 行って欲しいとこリストを送るって話してたので、まずは、ベタなとこから
> アルハンブラ宮殿
> ミハスの白い村
> バルセロナのサグラダファミリア
> もうすでに行ったことあるかな?
>
> あと、
> イビサでクラブ三昧
> バルでタパスの食い倒れ
>
> スペイン人の知り合いにもオススメ聞いてみるね。


ミハスってどこだっけ?
イビサ、やばいらしいね〜(^∇^)
私は今回は行けないと思うけど、
自分で行ったほうが絶対いいと思うよ(笑)

Re: タイトルなし
かほ
> 楽しんでますね〜。文章がいきいきしてますね!
> 影響されて、夏休みどこ行こうか考え始めました(笑)

ぶはは(≧∇≦)
もう今から考え始めてもいい頃ですね!
どこいくか決まったら教えてください☆

Re: タイトルなし
かほ
> わー、いい感じ。
> そう言えば私もポルトガルに行きたかったんだ、
> と思い出した。で、ラジオ講座でポルトガル語
> を聞きだしたけど、ボンジーア、で挫折し たのでした。
> スペインは身の回り十分注意してね。


ラジオ講座でポルトガル語なんてあったんですか?
ポルトガル語やスペイン語マスターすれば、
世界中けっこう行けますもんね!


コメントを閉じる▲
今日はリスボンから日帰りで、short trip へ。

まずはリスボンから鉄道で40分、世界遺産にもなってるシントラへ。

「エデンの園」と讃えられた、こじんまりとしていて可愛い街。

写真では良く分からないけど、多分遠くにリスボンの街並みが見えてる。

シントラ




さて、シントラはそこそこに、本日のメイン、ロカ岬へ!!

シントラから403番のバスに乗り、40分ぐらい。

着きました!!
ロカ①


ここは北緯38度47分、西経9度30分、

巨大なユーラシア大陸で、最も西の果てにある場所なんです。

ポルトガルで一番、来たかった場所。

ユーラシア大陸の西の端なんて、

端っこ好きの私にはたまりません( ^ω^ )
ロカ②

周りはずっと大西洋!!

ポルトガルの詩人、カモンイスが詠んだ、

「ここに地果て、海始まる」の文字が。
ロカ③


吹きっさらしの風がめちゃくちゃ強くて、

岬の先頭に立つと、マジで地の果てを実感できます。?


最西端にあるトイレ。
ロカ④


土産物屋で、最西端到達証明書なるものを発行してるんだけど、

5ユーロと高いのでやめました。?





1時間まるまる端っこを楽しんで、

またバスにゆられてカスカイスという街へ。

ここはちょっとした田舎のリゾート地の雰囲気。

4月なのに、みんなもう水着。

リゾート客と漁船が同居する海岸。
カスカイヤ①


駅前で自転車を無料でレンタルできるので、

波風を感じて走ってみた。⛵⛵⛵


走って、
カスカイヤ②


走って、
カスカイヤ③


走って、
カスカイヤ④


海!! ???
カスカイヤ⑤



これまた綺麗な大西洋。


これよりもうちょっと先に、もっと絶景があるとか。

疲れてたけど、頑張ってみること1時間。

海からの向かい風が激しくて、ペダルを漕いでるつもりでも

なかなか進まず。




・・・・まだ?? ?




道が間違ってるのかと思い、散歩中のポルトガル人夫婦に聞いてみる。

道はこのまま真っ直ぐで、very beautiful !! な場所だとか。

そっか、very beautiful なのか、それなら行かなきゃ。



走って、


走って、


走って・・・・・


更に1時間経過。



・・・・まだ?? ???


もうつらいし、苦しいし、

なんでこんなキツイ思いしてチャリンコ漕いでんのかわかんない???

もういいよ、ポルトガルもういいよ・・・

勘弁してくれよ・・・´д` ;



と、

着いたーーー !!!????

どうやらこの場所!!!
カスカイヤ⑥


ん??

ここ、そんなに綺麗か??(°_°)

こういう場所なら、むしろ走ってる途中にも

いっぱいあったけど??


very beautiful の言葉に、躍らされたなあ・・・(−_−;)


ま、いっか。

もう帰ろう。

帰りもたぶん2時間くらいかけて(;´Д`A



今日は最西端まで行けたから良しとします^_^


次の端っこポイントは南アフリカの喜望峰かな☆




ブログ村ランキングに参加しています。
ぜひ1クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2013/04/18 20:05】 | ポルトガル
トラックバック(0) |

頑張れ~
はや
写真撮るの上手い!
現地の雰囲気が伝わってきて、自分も行ったような気分に少しなりました。
最西端のトイレには笑いましたけどw



^_^
さいとう
無事に旅立てて良かった!
ブログ更新楽しみだよ(*^^*)

天気良さそうで、まさに夏を追いかけるね!

気をつけてね!


はんぐる・なべ
今日初めてブログおじゃましました!私も一緒に写真で旅についてきまーす!無事に良い旅を!二倍三倍でかくなって帰っておいで!

Re: 頑張れ~
かほ
> 写真撮るの上手い!
> 現地の雰囲気が伝わってきて、自分も行ったような気分に少しなりました。
> 最西端のトイレには笑いましたけどw


最西端のトイレ、ぜひ行ってみてください!
普通に臭かったです(笑)

Re: ^_^
かほ
> 無事に旅立てて良かった!
> ブログ更新楽しみだよ(*^^*)
>
> 天気良さそうで、まさに夏を追いかけるね!
>
> 気をつけてね!


どうもありがとうございます! ^o^

Re: タイトルなし
かほ
> 今日初めてブログおじゃましました!私も一緒に写真で旅についてきまーす!無事に良い旅を!二倍三倍でかくなって帰っておいで!

帰ったらみんなで韓国料理食べ行きましょう! (^○^)

コメントを閉じる▲
ポルトガルに無事入国できました! !(^∇^)

ちゃんと入国できるか、実はけっこうびびってて。

「地球の歩き方」には、

「日本人であれば、まず何も質問されることもなく、

スタンプ押されて終了」

ってずいぶんあっさりと書いてあるんだけど、



ほんとなのか!? (°_°)

前に並んでるの、日本人ではない人たちとはいえ、

けっこうみんな長々と質問されてる・・・

そして直前に並んでたアラブ系の3組が、揃いも揃って

全員別室へ移動させられたじゃないか! !???

ひ〜〜っΣ(゚д゚lll)



そしてついに私の番に。

一番優しそうなおじさんに呼ばれ、

滞在日数や宿泊先など簡単に聞かれ、終了。

確かにあっさり。

日本人パスポート、バンザイ!! \(^o^)/

入っちゃえばこっちのもんでしょ☆





そして今はポルトガルの首都、リスボンを観光中。

ポルトガルは、今の日本人にとっては

スペインやフランスとかの影にかくれて

いまいち存在感の薄い国だけど、

実は日本との関わりは深いんです。

かつてヨーロッパの大航海時代の先導をきって

エンリケ航海王子やヴァスコ・ダ・ガマなどの冒険家たちが

次々と海外へ進出、

1541年に日本を「発見」し、

ヨーロッパで最初に日本と接触を持った国です。

南蛮貿易で日本に持ち込まれたポルトガル文化は、

今でも日本人の生活に残っています。


ブランコ、かるた、ボタン、かぼちゃ、かっぱ(合羽)、

じょうろ、おんぶ、たばこ、天ぷら、

チャルメラ(オーボエの類)・・・



これ全部、ポルトガル語から来たって知ってましたか?

天ぷらとチャルメラにはびびった(笑)(;゜0゜)



その他お菓子類としては、

キャラメル、ボーロ、ビスケット、カステラ、

こんぺいとう、などなど。

今でもみんな大好きですよね(^_^)





話はそれましたが、

私が世界一周の最初の国にポルトガルを選んだのは、

かつて未知の大陸を夢見て、世界中に旅立って行った

冒険者たちにあやかりたかったから。



当時の偉業を讃えるモニュメントが、ベレン地区にあります。

私がこの旅で、まず一番最初に訪れたかった場所。


「発見のモニュメント」
リスボン④


帆船の上に、大海へ乗り出す冒険者たちの像が。

エンリケ王子を先頭に、天文学者、宣教師、船乗り、地理学者など、

大航海時代に貢献した人たちが並んでいます。



モニュメントの前には広場があって、

ポルトガルから見た世界地図の中に、

各地を発見した年号が記されています。

日本を「発見」したのは1541年。

ポルトガル船が豊後に漂着した年。
リスボン⑤


こうして見ると、いかに当時ポルトガルが世界の中心だったか、

日本が「極東」と呼ばれる世界の最果ての地だと考えられていたか、

感じることができます。



当時、見知らぬ土地へ航海に出るということは、

文字通り命がけだったはず。

数百年後、こうして個人で自由に世界旅行ができるように

なってるなんて、誰が考えたでしょうか。

私も彼らの勇気を胸に染み込ませつつ、旅を始めます(*^_^*)



ブログ村ランキングに参加しています。
ぜひ1クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2013/04/17 15:30】 | ポルトガル
トラックバック(0) |


じゅん
ポルトガル入国できて良かったね。
ポルトガルからって聞いた時になんでだろ?って思ってたけど、
なるほど‼大航海時代の地だからなんだね。

これからも、ブログ楽しみにしてます。

Re: タイトルなし
かほ
> ポルトガル入国できて良かったね。
> ポルトガルからって聞いた時になんでだろ?って思ってたけど、
> なるほど‼大航海時代の地だからなんだね。
>
> これからも、ブログ楽しみにしてます。


どうもありがとう! ^o^
これからもよろしく〜☆

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。