上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザルツブルクで過ごした最初の2日間は、

ドミで仲良くなったインド人の女の子、

ウーシャと一緒に行動してたんですね。



このウーシャ、いい子なんですけど、

超おしゃべりで。



ほら、おしゃべりそうな顔してるでしょ
ウーシャ①


特に2日目、朝の9時半に宿を出発して、

ウーシャの列車に間に合わせるために

4時半に帰ってくるまでの間、

7時間ずーっと、
しゃべり続けてたんですよ!!(>人<;)




しゃべり続けてたのって、

私とウーシャが、じゃないですよ。



主にウーシャが、ずーっと。???



私の英語力は、

旅行するのに支障はないぐらいのレベルなんですが、

何時間もマンツーでしゃべり続けられるほどの

耐久性はないわけですよ。



同じ外国人でも、

たとえば韓国人とテキトーなbroken Englishで話すのなら

まだ楽なんですが。



インド出身のウーシャの英語は、

ネイティブに近い、完璧なもの。

なのに私にもナチュラルスピードで、

ガンガンくるわけです。???



2人でいるのに、1人でずっとしゃべり続けてる人って、

同じ日本人であってもキツイじゃないですか笑



私の場合、耐えれて3時間ですね。



インド行ったことある人なら分かると思うんですが、

あの独特の、おかまいなしに、
ガーッとまくし立てる感じ?



少しはインド人のおしゃべりに免疫はついてると思ってたんですが、

完全にやられましたね!???



山道登りながらも、

お昼ご飯のピザ食べながらも、

ずーっと、会話途切れないんですもん。




7時間立ち止まらずに観光したから、

それだけで疲れてるはずなのに。




私は疲れると無口になるタチなので、

息を切らしながらもしゃべり続けようとする人の

意味が分からない笑



最後のほうの2時間は、
もう会話にはなっていません。




私はただひたすら疲れに耐えて、

ウーシャの何か話してることに

「a ha?」「oh, yeah」って相槌だけ打ってたんです。



もう、それが、精一杯だったんです(T ^ T)



こっちは相槌しか打ってないのに、

それでも会話が成り立ってるって、

おしゃべりな人ってほんとにすごいですよね!???



私があまりに「a ha?」「oh, yeah」しか言わないもんだから、



しまいには、



「それ、あなたの口癖なの?」
って聞かれましたからね。




あのね・・・




あなたが、しゃべりすぎなの。





日本語にある表現、「沈黙の美」って、素晴らしいと思います。

沈黙って、美です!!





それにしても、私、そろそろ日本人とおしゃべりしたいよ・・・???


よく他の皆さんのブログで、

長期旅行者同士で知り合って、一緒に旅してま〜す☆

なんて楽しそうな話を見ますが、


あれ、皆さん、
どこで知り合ってるんですか?




怒涛のように日本人観光客が押し寄せてたGW以降、

そもそも日本人に会ってないですもん。



自分と同じような長期旅行者となると、

まだ1度も会ったことありません。



私も、日本語で、旅の話とか苦労とか、
分かち合いたいっ!!

みんなでわいわいシェア飯とかしたいっ!!???




観光地が分散されてるヨーロッパでは、出会うのは難しいんでしょうか・・・



次に私と出会ってくれた日本人、
おしゃべり付き合ってください!!

相当、話したいことたまってます!!(´・Д・)」





最後に、ウーシャの写真でも。
ウーシャ③

ウーシャ②


疲れたけど、楽しかったよ!




ブログ村ランキングに参加しています。
みなさんにクリックして頂けると順位が上がります。
ぜひ1クリックお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/06/04 06:00】 | オーストリア
トラックバック(0) |


ナルオ
これ笑ったよ(笑)
インド人おそるべし
ウーシャおそるべし

ふむふむ
さいとう
沈黙は美、勉強になります( ̄▽ ̄)

順調に旅が進んでるねーo(^▽^)o

そろそろ出版社かテレビ局が目をつけ始めたかな??

Re: タイトルなし
かほ
おそるべしインド・・・
でも、 ちょっとインドに再挑戦したい自分もいる(笑)

> これ笑ったよ(笑)
> インド人おそるべし
> ウーシャおそるべし


Re: ふむふむ
かほ
別に、斎藤さんのこと言ってるわけじゃないですよ(笑)
言ってるとしても、たぶんちょっとだけです!


> 沈黙は美、勉強になります( ̄▽ ̄)
>
> 順調に旅が進んでるねーo(^▽^)o
>
> そろそろ出版社かテレビ局が目をつけ始めたかな??


コメントを閉じる▲
オーストリア、ザルツブルクにやって来ました!



ここは、モーツァルトが生まれた街として有名な場所。



でも、私にとって、ここに来たのには別の理由が。

あの「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台になった街
なんですよねー!!



もう うちの母が、この映画大好きで。(^-^)


小さい時から、何十回と観せられてきました。




今回私がザルツブルクに行くとなって、母ちゃんからは

「ザルツブルクの、もう石でも草でもいいから持って帰ってきて欲しい!!」

と懇願されています。

ほんとに石でいいの、母ちゃん!?( ̄◇ ̄;)





なのでオーストリアといったらモーツァルト、と思ってるみなさん、
ごめんなさい。


モーツァルトの話、一切出てこないです。(。-_-。)




代わりに、「サウンド・オブ・ミュージック」ファンが泣いて喜ぶ、

映画の舞台になった場所たちばっかり
をお見せしましょう!!



すいません、私もこの映画大好きなんで

映画を見たこともないっていう人には

引かれちゃうぐらいのテンションでいきますんで!!(`_´)ゞ



オーストリアに行く予定があるけど、

まだ映画を見たことがないという方、

ぜひ見ておくことをオススメします。





さあ、母ちゃん、よ〜く見とけよ〜!!!
|( ̄3 ̄)|







まずはここ。


映画の冒頭で、大佐の家に家庭教師として

赴任することになったマリアが、

「不安だわ、でもきっと大丈夫! 自信を持って! 」と歌いながら

街中を駆け巡るシーン。
ザルツブルク①

ザルツブルク②



実際街に来てみると分かるのですが、あの映画、

ザルツブルクの美しい名所やエッセンスを

これでもかっ!!ってぐらいに詰め込みまくってるんですよね。



その美しさが、50年以上経った今でも健在なのがすごいところ。



そして、映画の舞台見たさに、

こうやって世界中から観光客が集まるのもすごい。

たった1本の映画が、街をここまで変えるんですね(;゜0゜)





映画ではマリアが、歌いながら(笑)

でっかい荷物振り回して、

スキップしながら、

街中を駆け巡りますよね。



今冷静に映画を見返してみると、ちょっと失笑ですけど(^◇^;)



この場所から、
ザルツブルク③


瞬時にこの場所まで
ザルツブルク④


スキップで飛び越えますからね∑(゚Д゚)

この間、およそ数十キロ。



オリンピックの正式種目に
「スキップ」って項目があったら、
間違いなく世界記録保持者でしょう。







あれ、そういえば、スキップといえば・・・




パリのシャンゼリゼ通りで、
結局たいして出来なかったんだっけ・・・




もうこれは、やるしかないでしょう!!
\(^o^)/







「私 in サウンド・オブ・ミュージック!!」
※映画のサントラをご用意のうえ、ご覧ください。













ザルツブルク⑤



ザルツブルク⑥



ザルツブルク⑦






・・・ハイ、すみませんでした!! m(_ _)m





やっぱしダメですねー。

誰がやるのかっていうのが、重要なんでしょうね。

マリアというより、大阪の道頓堀のグリコみたい・・・


でも、映画ファンの皆さん、
これ、やってみたいでしょ?^_^





長女が、恋人とこっそり待ち合わせて、
「もうすぐ17歳」を歌う場所。
ザルツブルク⑧

ここで歌いながら、ベンチを飛び跳ねてみたいでしょ?





マリアと大佐が、結婚式を挙げる教会。
ザルツブルク⑨

中も綺麗です。
ザルツブルク10

ここのバージンロード、歩いてみたいでしょ?




みんなでドレミの歌を歌いながら街中を駆け回るシーン。

モーツァルト小橋を渡り
ザルツブルク12

こういうとこ、通ってましたよね
ザルツブルク13

ザルツブルク14

ザルツブルク15



そしてクライマックスはここ、ミラベル庭園!!
ザルツブルク16

ザルツブルク17

ザルツブルク18

ザルツブルク19

ぐるぐる回りながら、ドレミの歌 歌ってみたいでしょ?




大佐と子供たちが住む、豪邸の裏庭として出てくる池。
ザルツブルク11

ここでマリアと子供たちがボートに乗って遊んでて、

帰ってきた大佐に見つかり、

「きゃ〜 ごめんなさいっ!!」どぼ〜ん って、

池に落ちるシーンは有名ですね。



これは、さすがにやってみたくはないな・・・



裏話としては、この撮影時、めちゃくちゃ寒くて、

何度も撮り直して大変だったそうです。

撮り直す度に、マリアにはチョコレートケーキがふるまわれていたとか。





ちなみにここで紹介してる森の小道や豪邸の裏庭などは、

市内からはちょっと離れてます。



私はツアー会社がやってる

「サウンド・オブ・ミュージック ツアー」っていうのに

参加したんですが、これは、

この映画ファンの人には めちゃくちゃオススメです!



4時間のツアー中、ずっと映画のサントラを流してくれてて、

みんなで歌ったり、映画の裏話を聞いたり。

舞台になった街並みを眺めながら、

完全に映画の世界に浸れます。
ザルツブルク20

けっこうなファンの人たちばっかりが集まるので、

みんなできゃーきゃー言いながら、

写真取り合いっこして楽しめますよ(^-^)




明日も引き続き、ザルツブルクの話を。





ブログ村ランキングに参加しています。
みなさんにクリックして頂けると順位が上がります。
ぜひ1クリックお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/06/03 06:00】 | オーストリア
トラックバック(0) |

初コメント♪
もん
私もサウンドオブミュージック好き(^o^)
きっかけはうちも母親に見せられたのだった(^^;;
すごいね!撮影場所そのままあるんだね
私はかずさんマリアなかなかいけてると思うよ(笑)ギター弾き語りバージョンもみたかったなw



裕美
ぜひ、最後には、アルプスの山越えで、エーデルワイスを歌ってね!(^^)なんてね!

Re: 初コメント♪
かほ
サウンドオブミュージック、いいよねえ。
やっぱうちらの母親世代は、大好きなんだよね。

マリアは、いかんでしょ笑
私が音痴なの、よく知ってるでしょ!

> 私もサウンドオブミュージック好き(^o^)
> きっかけはうちも母親に見せられたのだった(^^;;
> すごいね!撮影場所そのままあるんだね
> 私はかずさんマリアなかなかいけてると思うよ(笑)ギター弾き語りバージョンもみたかったなw


Re: タイトルなし
かほ
アルプスの山越えは、さすがに厳しかった!!(>人<;)
マッターホルンも壁から登ったくらいだし笑

> ぜひ、最後には、アルプスの山越えで、エーデルワイスを歌ってね!(^^)なんてね!


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。