上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、飾り窓の話で異様にテンション上がりすぎましたね( ̄(工) ̄)




まだ私、オランダについて

麻薬売春の話しかしてないですからね。




一応、女子旅なんですから、こんなんじゃいけません。( ̄Д ̄)ノ





やっぱり、女性的にはオランダに来て1番見たいものって

これじゃないですか






チューリップ!!?






昔、社会科の教科書で見ましたよねー。

チューリップと風車・・・???



やっぱり、オランダって言ったらそっちのほうですよね!!




ってことで、行ってきました。



アムステルダムの近場で有名なチューリップの見所は、

キューケンコフ公園。



アムステルダムから列車で35分のライデンという街まで行き、
(アムスーライデン間は往復17ユーロ)

ライデンの駅前のインフォメーションで、

キューケンコフ公園の入場券と、往復のバス料金がセットになった

コンビチケットを購入しました。

(値段は失念しましたが、確か22〜23ユーロ?

別々に買うより50セントお得です)



アムスから、観光バスも出てるようなので、

そっちのほうが楽かもしれませんね。




バスに揺られて40分。








そこにはもう、想像してた通りの世界が広がっていました(^O^☆♪




チューリップ!
オランダ③



チューリップ!!
オランダ⑥




チューリップ!!!
オランダ11




もう、どこからどう見てもチューリップ!!!





可愛すぎるわ!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆






もう、しつけーよ!!(´・Д・)ってくらいに、

いっぱい写真アップしちゃう

オランダ①

オランダ②

オランダ④

オランダ⑤

オランダ⑦

オランダ⑧

オランダ⑨

オランダ10

オランダ12

オランダ13

オランダ14

オランダ15



ちなみにキューケンコフ公園に入場できるのは、

毎年3月中旬〜5月中旬まで。


この景色が見れるのは、春にこの国を訪れた人の特権ですよね(^O^)





けっこう広いので、ゆっくり歩いて、

3〜4時間はチューリップワールドに浸ってましたかねえ。




ちなみに途中で立ち寄るライデンという街も、

なかなか雰囲気良かったです^_^



この街は、幕末の長崎に医師として赴任していた

ドイツ人シーボルトが、晩年日本研究に励んでいた地。

日本滞在中にシーボルトが集めたコレクションを展示している

「シーボルト博物館」もあり、ぜひ行ってみたかったのですが、

チューリップワールドに浸りすぎて、

開館時間を過ぎてしまったため見れずf^_^;)

当時の日本の、かなりマニアックなものも展示されていて

面白いらしいですよー。




代わりに、ライデンで見れたのはこれ。

オランダ17

オランダ16


ああ、風車・・・(=´∀`)




やっぱり、いいですね。

なんか旅情心をかきたてられますね(*^o^*)





オランダ、精神的に落ち着いてる時に行ってたら、

きっと、すっごく楽しい国なんだと思います。




心が完全にへばってる時に行っちゃったので、

なんか妙に、アウトローな部分(いや、ここでは合法ですが)が

目に付いちゃうんでしょうね。




それにしてもアムス、ふにゃふにゃした気持ちで歩くの危険ですね。


大きな交差点では、車、トラム(市電)、自転車集団の
三つどもえですからね(゚o゚;;


チャリンコ集団、めっちゃ速いんですよ。


車に轢かれないように、信号急いで渡ろうとして走ってたら、

横から来たチャリンコに轢かれそうになりましたからね´д` ;





この超混み合ったチャリンコ置き場も、

きっとオランダ名物。
オランダ18



それでは〜✋






ブログ村ランキングに参加しています。
みなさんにクリックして頂けると順位が上がります。
ぜひ1クリックお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/05/27 06:00】 | オランダ
トラックバック(0) |


abe
関係ない話で恐縮ですが、
仏教についてのおもしろいお話があります。
仏教の根本の教えは心と行いのやすらぎでした。
ブッダと仏弟子の感動の物語がたくさん書かれています。
たまには仏教の物語もおもしろいですよ。
以下のサイトをクリックしてください。

http://bukkyo.wiki.fc2.com/

コメントを閉じる▲
さて、オランダのアムステルダムに到着でーす☆



ここで私がしてたことといえば・・・




ほとんど、ベルギーでスられた物品の残務処理。(-。-;



いやもう、長期旅行で物を失くすって、ほんと大変ですね!

すぐに日本に帰れるんだったら、

日本でやればいいや〜、で終わるんですけど。



いや、もしかしたら、

普通はここまで大変じゃないのかもしれません。




私がiphoneと一緒に失ったのは、

国際キャッシュカード2枚。

りそな銀行デビットカードと、

楽天銀行デビットカードです。



この楽天銀行の緊急時の対応が、
悪いのなんのって( ̄^ ̄)ゞ



仮にも日本で「銀行」と名のつく会社が、

あんなサービスしてていいのかと。



私は日本では決して、

クレームなど言うようなタイプでないのですが、

今回の件では、

本気でブチ切れてしまいました・・・(; ̄O ̄)



これから海外旅行用の国際キャッシュカードを検討してる

みなさまの参考のために、

楽天銀行にどんな対応をされたのかは、

後日また書くことにします。




私はとにかく、ベルギーにいたくない一心で

オランダに移動して来ました。



なのでオランダに着いたからといって、

決して心は晴れることなく、

加えて楽天銀行の対応に怒り爆発、

そんでカードの不正出金があったんじゃないかとヤキモキし・・・



なので残念ながら、

心からオランダ滞在を楽しむことはできなかったんです。




でも、せっかくの旅ですからねー。




オランダ行ったらこれだけはどうしても見ておきたい!!

って思ってたやつは押さえたので、

それをサラッとご紹介です。





まず、絶対に絶対に見たいと思ってたのが・・・

「飾り窓」


これは、お花が飾ってある小窓とかの話ではありません。

飾ってあるのは「女性」



そう、世界的に有名な、

オランダが誇る(?)

合法的な売春地帯のことなんです!!



英語名は、「Red Light District」。

英語名のほうが、ピンク系な雰囲気

プンプン出してますよね笑




そこの通り一帯は、赤いネオンでギラギラし、

何百人もの女性たちが、

下着姿でそれぞれの窓辺に立ち、

お客を呼びよせてるという・・・



周辺の通りには、麻薬の売人たちがウジャウジャ・・・



なんか、いかにも、「That's Amsterdam!」な感じらしい。







さてさて。



行って来ましたよー、好奇心丸出しで。



ただしこのブログは一応健全なものなので、
あまり詳しい記述は控えますが笑






感想は・・・



いや〜、びっくりしました・・・(⌒-⌒; )



さすがアムステルダム、

予想を裏切らないオープンな過激っぷりでしたね!



飾り窓地帯は、写真撮影厳禁なので、
(写真撮ろうもんなら、お姉ちゃん達が血相変えて飛び出してきて、
カメラぶんどられるらしいです・・・´д` ; )



唯一頑張って撮れたのが、これくらい。
雰囲気伝わるといいのですが・・・。
アムステルダム①

アムステルダム②

アムステルダム③


これとか、ほんとギリッギリですね。
女性の手が写っています。
アムステルダム④

アムステルダム⑤



それぞれの小部屋に大きな窓が付いていて、

女性たちが下着姿でポーズ取って、

男性を手招きするんです。



男性たちは気に入った女性を見つけたら、

窓をたたいて部屋に入れてもらい、値段交渉。



お客が中にいるところは、カーテンが閉まってるんです。



ざっと見て、半分くらいは閉まってましたねー。

週末ということもあって、盛況なようです。



そんな窓辺が、何百も並んでるわけですから、

まさに圧巻ですよ!!




そして女性たちにも、

けっこうバリエーションがあるんですね。

見たところ多くは白人女性でしたが、

アジアや、中南米系の女性も。

出稼ぎに来てる人も多いようです。



あと、若い女性ばかりではなく、

いわゆる熟女の方や、

かなりぽっちゃりされている方なども。

いろんなニーズに対応出来るようになってるんでしょうかね。




噂通り、ヨーロッパ系の若者たちが、

「おりゃ〜っ!!」って感じで大騒ぎ。



ニタつく表情を必死に平静っぽく保ちながら、

通り過ぎていく男性観光客たち・・・。( ̄▽ ̄)

どっちかっていうと、

こっちの男性たちの写真撮りたかったわ笑




男性にとっては、まさに天国でしょうね!!


ただで下着姿、見放題ですからね!!




周囲には、ポルノショップや

ストリップ劇場などが立ち並び・・・。



もちろん麻薬の匂いはそこら中でプンプン。



もう看板見るだけでも、

日本人の感覚からすると、かなり過激なんですよ。



グッズとか、用途、
よく分かんないのいっぱいありましたからね!


写真もアップできたらよかったんですが、
ちょっと無修正じゃ載せれない感じですね!!








・・・もう止めときましょうか、この辺で。





一応このブログ、

元公務員女子が書いてる健全なブログなので。σ(^_^;)






でも、これだけは言わせてください。




アムステルダム、ハンパないです。



だって、ほんとにそこら中でみんな

マリファナ吸ってるんだもん。



普通のお土産屋さんで、フツーに、

こういうのが売ってるんだもん。
アムステルダム⑥

アムステルダム⑦



もう、ある意味、観光資源なんでしょうね。



その期待を裏切らない感じ、もう、脱帽です。(=゚ω゚)ノ



すごいよ、アムステルダム!!





ブログ村ランキングに参加しています。
みなさんにクリックして頂けると順位が上がります。
ぜひ1クリックお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/05/26 06:00】 | オランダ
トラックバック(0) |


裕美
オ、オランダって、
木靴が有名で、チューリップ畑と、チーズ?なイメージの、
あのオランダではないのかーい!!!なんか、とてつもなくガックシ。

でも、アジアより高級な感じがするのは偏見??

どちらにしろ、女性をそんな感じで扱うなら、男性イケメンもショーウィンドーに立たせておくれ!
と、個人的に思う。笑

葉っぱは
Nan
ロンドンでも多かったなぁ。大学の寮でもアパートでも、金曜や土曜の夜になると、甘ったるい香りがぷんぷん漂っていました。非合法なんだけどみんなやっている、という感じでした。

私はすいません。たばこすら吸わないし。

Re: タイトルなし
かほ
アジアより高級な感じがするっていう印象は、なんか分かる(笑)
割り切りすぎちゃってて、いやらしさが軽減されてるからかもね。

そうそう、男性イケメンも立たせろ! っていうのは私も思った!笑
けっこうな人気スポットになるでしょ。



> オ、オランダって、
> 木靴が有名で、チューリップ畑と、チーズ?なイメージの、
> あのオランダではないのかーい!!!なんか、とてつもなくガックシ。
>
> でも、アジアより高級な感じがするのは偏見??
>
> どちらにしろ、女性をそんな感じで扱うなら、男性イケメンもショーウィンドーに立たせておくれ!
> と、個人的に思う。笑


Re: 葉っぱは
かほ
葉っぱ、ヨーロッパ多いですよねえ。アジアよりはマシかと思ってたのですが・・・。私も、タバコすら吸いません。タバコの匂いすら嫌いなのに、この匂いはけっこうキツイです!

> ロンドンでも多かったなぁ。大学の寮でもアパートでも、金曜や土曜の夜になると、甘ったるい香りがぷんぷん漂っていました。非合法なんだけどみんなやっている、という感じでした。
>
> 私はすいません。たばこすら吸わないし。


コメントを閉じる▲
ベルギーのスリの話を投稿して以降、

びっくりするくらい友人達から、私を気遣うメールを頂きました(゚o゚;;


イギリス留学中のえりちゃんなんか、

「イギリス来たら養ったるからおいで!」と心強い言葉を頂き・・・


えりちゃん、私 今度なんかあったら、まじイギリス行くわ笑



本当に私は、いい友人達に囲まれてるんですね(*^_^*)



連絡くださった方々、どうもありがとうございます。

みなさんのメールやコメントを見て、涙、涙です(T ^ T)


みなさんの励ましの言葉を胸に、
また元気に旅をしていきます!V(^_^)V









さて、次の目的地は、オランダ、アムステルダム!



宿で同室になったヨーロッパ人の兄ちゃんに、

次はアムスに行くって話をすると、

「すごくexcitingだぜ!」と意味深にニヤリ。???




隣では別の兄ちゃんが、

彼は明日アムスに移動するらしく、宿をずっと検索中。


「土曜日には、何かイベントでもあるのか!?

どの宿もフルなんだけど‼ ホーリーサック!」を連発。




いや、むしろ、
あなた方ヨーロッパの方々が行きまくる
から、フルなのでは・・・?(・ω・)ノ






マリファナなどのソフトドラッグ、売春が合法のオランダ。

特にアムスでは、週末ともなると

ヨーロッパ中から若者が集まり、大騒ぎだとか。




そのためなのか、宿のほうも、

土曜日1泊だけ泊まる客は受け付けておらず、

連泊規定があるところも多いんです。




アムスに起こしの際は(特に週末がからむ場合は)

お早めの予約をお勧めします。σ^_^;






それにしても、オランダのイメージといえば、

やっぱり今も昔も、風車にチューリップ畑。

あとミッフィーちゃんかな。


そんないかにもメルヘンなイメージと裏腹に、

マリファナ、買春の聖地になってるなんて、

一体どういうとこなんですかね?




荒んだ私の心を癒してくれるような街ならいいんですが、

ジャンキーすぎてもっと荒んじゃったらどうしよう・・・( ̄▽ ̄)






ブログ村ランキングに参加しています。
ぜひ1クリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

【2013/05/25 06:00】 | オランダ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。